クレジットカードで経済状況を良くする

クレジットカードをおすすめしたい人。おすすめのタイミングはやはり、社会的なステージが一つあがる時でしょうか。
それはつまり高校から大学に上がるとき、学生から会社勤めの社会人になるときなどです。わかりますよね。つまり、社会的にステージが一つ上がることで、金銭感覚、経済状況にも変化がみられるのです。
それに呼応して、クレジットカードを状況に合わせて利用することができれば、あなたの今後の経済状況だけでなくあなたの他のさまざまな感覚が研ぎ澄まされるでしょうから、利用をおすすめしています。
自分の身の回りの環境が変わるのに合わせて他の何かも一緒に変えてしまうということ。するとその変えた何かも、その変化に引き寄せられて成長することを狙えるのではないでしょうか。あなたの今後の生活を一気に入れ替えるチャンスがそこにありそうです。
クレジットカードでそのチャンスをわがものにしましょう。


クレジットカードでその後の運を引き寄せる

お金にきちんとしているということは、それを節約につなげることができるということ。それだけお金のことをきちんとしている人は、不思議と周りからお金が集まってくるもの。
お金のことにだらしない人のもとにはお金は集まってきません。クレジットカード決済ならば現金と違ってあとで支払うことになる分、お金を管理する能力が身に付きます。その能力で、また新しいお金を得られる努力をするべきなのです。
お金の管理に長けているあなたなら、新しいお金を手にすることも、そのお金を使って自分の未来のために何かを買うことだってできるでしょう。節約も得意なあなたは無駄遣いも少ないでしょう。その調子でどんどんお金を呼び込んで、そのお金をしっかり管理しましょう。


ポイントを上手に使って

ポイントの使い方もクレジットカードによって様々。学生の方がお得に使えるポイントも、主婦におすすめのポイントプログラムもあります。多くの人はこのポイントプログラムの内容でカードを判別します。
ギフトカードと交換できるポイント、そのままショッピングの割引に利用できるポイント、そして中には、現金としてキャッシュバックできるポイントなんてものもあります。あなたは何の目的でカードを作って、何の目的でカードを使いますか?
そもそも、なんでカードを持とうとしたんでしょうか。親のすすめ、友人のすすめ…。テレビのコマーシャルでやっていたから…など様々な理由があると思います。

参考:クレジットカード おすすめ(http://www.bossanovapgh.com/)

Posted in クレジットカード 学生 おすすめ

学生のうちからクレジットカードを持ったほうがいいワケ

皆さんはすでにクレジットカードをお持ちですか?
なるべく若いうちからカードは持っておいたほうがいい!というのが私の見解です。
その理由を紹介します。


若い方がクレジットカードの審査に通りやすい?

さらに詳しく言うと、学生時代からカードを持っておくのがおすすめです。
なぜなら、クレジットカードは利用履歴が大事になってくるからです。
ある程度の年齢に達しているのに過去にカードを持ってこなかったという人は、何か持てない問題でもあるのではないかと思われがちです。
そのため、比較的審査の緩い学生のうちにカードを持っておくと便利なのです。
将来的にクレカを持ちたいという場合は、なるべく早く取得するようにしましょう。


学生時代に持っておくメリットはここにもある

また、在学中だと、急に海外旅行や留学に行くことになったという状況になることもあるでしょう。
外国に行くときはクレジットカードは非常に便利ですし、それどころかカードじゃないと支払いができないというケースもあるので、早めに持っておいて損はないです。
日常的に使うことでポイントや信用度も上がるので、カードを使う練習もしておくといいかもしれませんね。
さらに、在学中限定で年会費が無料になるカードを選べばも安心して利用できますよ。
興味がある人は今のうちに申し込んでおきましょう。

Posted in クレジットカード 学生 おすすめ

クレジットカードを家庭でも利用する

お子さんが学生の方へという意味のタイトルではございますが、ここではお子さんにだけでなく、家庭に活かせるおすすめのクレジットカードの利用方法についてご紹介します。せっかく作ったカードなのですから、家計にも一役買って頂きたいですよね。


■クレジットカードのポイント機能で節約生活!

クレジットカードと聞くと、あまり利用したことがない方は何がなんだかというイメージを持たれる場合もありますよね。実際はカードというと、お金を前借しているという借金のイメージが強く、あまり利用したくないと思う方も少なくありません。
しかし、カードにある機能は、ただお買い物の代金を後払いにするシステムだけではありません。そのクレジットカードで支払をすることにより、ポイントというものが貯まるのです。各カード会社によって景品の内容は異なりますが、そのポイントは旅行や高級レストランでのディナー券、映画鑑賞無料券など、ご自分の好きなものと交換することが出来るのです。会社によっては、家具や家電など、まさかポイントで交換出来るとは思えないような景品を用意している場合もあります。金券や携帯代金への移行も出来ますので、気に入った物がなくてもポイントを利用する価値は充分あります。
カードには、利用するだけで普段の生活に潤いをプラスすることが出来る魅力がある、それがカードをおすすめする理由です。ご自身の好きな物を目指してポイントを貯めるということは、ある意味とてもお得な「節約」になるのです。


■実は簡単なポイント取得方法

ご家庭での出費というと食費と家賃、光熱費は確実に出費しますよね。この固定して出費するものをクレジットカードで支払う方法に変えると、ポイントは毎月確実に、しかも沢山貯まっていきます。家賃と光熱費を合わせると、月々の支払は数万円単位になるでしょう。それをポイントにすると、半年で好きな物を手に入れることだって可能です。
そして食費はお近くのスーパーで提携しているカードを利用することで、ポイントカードとして利用することも出来ます。提示するだけで指定の日に5%のキャンペーンを行っているところもあるので、主婦の方には是非持っていて頂きたいカードです。

学生の学校費用を賄うことを目的として作ったカードですが、利用頻度を上げることによって、よりお得な生活を実現することがカードをそのままタンスにしまい、宝の持ち腐れにしてしまう前に、是非ご家庭の資金繰りに活かす方法を試してみて下さい。

Posted in クレジットカード 学生 おすすめ

クレジットカードをおすすめする理由とは

学生の方や主婦の方でも作ることが出来るというクレジットカード。様々な利用方法がある中で、特に学生を持つご家庭にカードをおすすめしております。
それは何故なのかと言うと、やはり学校生活には突発的な出費が多く発生するからです。


■学校に入ったらそれで終わりではない

難関の学校に入学し、受験モードも一区切りというところでホッと胸を撫で下ろしているご家族も少なくありません。しかし、ここで安心してはいけません。大切なのはこれから、今後始まる数年間の学生生活です。今までの学校と違い、受験をしたことによってお子さんは新しい世界を見出します。新しい学校で新しい友人に出会い、もしかしたら恋人も出来るかもしれません。学校の部活でも、試合が終わった後に打ち上げとしてチームメイトに顧問を交えて食事に行くことも多々あります。そのような行事の度に、お財布はどんどん薄くなるのです。

ご家庭を持っているということは、ご自身も学校生活を味わってきたということになります。学校の行事や部活、友人と遊びに行った日々はとても楽しい思い出だと思います。今はどこに行くにもお金がかかってしまう世の中です。お子さんが人間関係の中で学ぶことはとても大きなもので、今しか学ぶことが出来ないことも沢山あります。そのような機会をみすみす逃してしまわないためにも、お子さんにかけるお金の運用はとても重要なのです。


■サークルなどのイベントでクレジットカードを利用する

ある程度お子さんが大きい場合は、お子さん自身がお金の稼ぎ方と社会勉強を兼ねてアルバイトをすることをおすすめしますが、環境によってはバイトが出来ない場合もあります。友人との付き合いを投げやりにしていると、協調性が養われず、社会で孤立してしまう性格になってしまうかもしれませんので、そのような費用はなるべく捻出してあげたいものです。このような場合に、クレジットカードが役立ちます。クレジットカード自体をお子さんに持たせることはせずにクレジットカードに最近よく付いているキャッシングの機能を利用し、お子さんに現金を渡します。カードにクレジットの機能だけではく、このように現金化する機能もあるのです。

学校生活はとても楽しいものです。お子さん自身にお金のやりくりを教えるためにお小遣い制を設けることがとても大切ですが、ご家庭のやりくりが出来ていなくては、お小遣いをあげることは出来ません。
お子さんの人生を後押しするためにも、一枚用意しておきましょう。

Posted in クレジットカード 学生 おすすめ

受験料をクレジットカードで対応

学生であれば必ず通らなければならない道があります。受験です。早ければ幼稚園から受験する子もいるそうです。そして受験はただ単に試験料だけで終わる訳ではありません。実は学校に入る前に、10万単位のお金が飛んでいくこともあるのです。


■受験するための準備費用から宿泊費用までも

受験費用には1万円前後のお金しかからないのに、何故こんなにお金がなくなるのか。それは受験準備にかかる費用が凄まじいからです。幼稚園の受験前にお子さんを教室に通わせる必要がある場合には、教室への入会金や授業料を払う必要が出てきます。教室では幼稚園への親子面接の仕方やその幼稚園がどのような園児を求めているかの対策など、他の受験者より優位になれる情報提供をしてくれます。年々、保育園や幼稚園が少なくなって来ている中で入りたい幼稚園に入園するためには、時間とお金をかける必要が出てきているのです。このような費用を賄うためにも、生活を整えつつクレジットカードでも対応することをおすすめします。
ちなみに、行きたい大学が地方で学生寮完備のところに入学したい場合、受験の際にはその交通費や宿泊費まで用意しなければなりません。受験前にかかる費用は家庭環境と学校の兼ね合いに依存します。


■クレジットカードで学生になる準備を

今受験生であるというお子さんをお持ちの方は、一枚クレジットカードを持っておきましょう。持っているだけだと損になってしまうようなカードは現在あまりなく、年会費無料でポイントカードとして利用出来るカードも沢山あります。

これから受験をするお子さんを持つご家族は、費用の工面で大変な思いもするかもしれません。しかし大切な我が子が自分の人生を歩くために学ぶ学校を選ぶのですから、しっかり応援してあげたいという気持ちもあります。後悔しない受験が出来るよう、きちんと計画を立ててあげましょう。

Posted in クレジットカード 学生 おすすめ

小さい頃から触れるクレジットカード

お子さんがこれから大人になって自立のために必要なお金のやりくりを上手く教えるのは、親の役目かもしれません。小さい頃からお小遣いの管理をさせてお金に触る機会があると良いそうですが、お買い物の度にお金を渡していると、お金を貰う癖がついたまま大人になってしまう可能性があります。


■学生の内にクレジットカードについて学ばせる

小さい子にカードを持たせるのは危険ですが、学生の内にカードの存在と利用方法について教えることはとても大切です。高校を卒業して18歳を過ぎると、自らクレジットカードを作成することが出来ます。何の計画性もなくカードを作成してしまうと、お買い物やキャッシングで借金生活にどっぷりとハマってしまうかもしれません。学校では授業の一環としてカードの取り扱いを教えてくれる訳ではないので、ご家庭ごとに教える必要があります。


■家族カードで学ぶ

学生の方にクレジットカードについて教える方法としておすすめの方法は、家族カードを利用した学習方法です。家族カードとは、家族内にカードの契約者がいる場合、そのカードの限度額をシェアして利用することが出来るというものです。例えば、父親がカードを持っていたら、家族カードを発行しお子さんに持たせます。月々の支払明細書は契約者である父親に届くため、無駄に使用していた場合にはすぐ発見することが出来ます。

大学に進学して突然一人暮らしや寮生活を始めると、お金がどんどん消えてしまうイメージが先行するものです。そして窮地から脱出するためだけにカードを持ってしまうと、価値観さえも崩壊してしまいます。そのような事態にならないためにも、カードについてお子さんと一緒に考える機会を持ちましょう。

Posted in クレジットカード 学生 おすすめ

クレジットカードで学費を賄う

学生の方がご家族にいる場合は、生きるために必要なお金以外に学費もかかります。学費を長く積み立てていたとしても、共立や私立でかかる費用は異なります。突然お子さんが私立を志望した場合、そのお金を工面することは出来るのでしょうか。


■学生ローンを学費にあてる

学費はお子さんが生まれたと同時に積み立てる方法がとられます。しかし毎月の資金繰りによって月々の貯金額も左右され積立金自体を簡単に崩すことも出来るため、簡単に貯金することは出来ません。そこで少し学費を賄うために利用出来る方法が、学生ローンです。クレジットカードなどを取り扱う金融機関では、ローンも一緒に取り扱っています。金利や返済期間、利用限度額も各金融機関によって様々なので、自分たちの家計に合ったローンを組みましょう。


■クレジットカードで学費にプラス

ローンで賄う学費としては、大きな金額の部分になります。入学金や初期費用に、私立では100万単位のお金が必要になるからです。そこでおすすめなのが、細かい部分を助けるためのクレジットカード利用です。カードで細かな出費を賄うことでローンを切り崩すことなく、カードのポイントも貯めることが出来ます。

カードとローンで学費を工面することにより、たとえお子さんが私立を志望してもうまく対応することが出来ます。お子さんが行きたい学校に行かせてあげるためにも、学費をうまく運用しましょう。

Posted in クレジットカード 学生 おすすめ